2016年度活動報告


一般社団法人 富良野青年会議所 思いをひとつに委員会    4月第1例会 JC塾 徳育ゼミナール~one for all all for one!!~

2016年4月12日(火)富良野商工会議所において、富良野青年会議所思いをひとつに委員会主催のの例会「徳育ゼミナール」を開催いたしました。

 

例会の講師は、公益社団法人 日本青年会議所 国家グループ 日本の教育委員会 副委員長 飯森良光君です。

 

徳育ゼミナールは本来子ども向けの内容であるが、今回は特別に大人向けの内容としてアレンジして開催していただきました。

普段何気なく使っている「ありがとう」という言葉について、メンバー一同深く考えられました。「ありがとう」を使っている場面や相手など、この言葉を深くひも解いていくと、実は私たちはたくさんの人に支えらえて生きている・・・このことをゼミを通じて感じさせて頂きました。

最後に一人ひとりが「未来への約束」を考え、声を出して読み上げ「行動することを誓い」誇りある日本人となれるよう自身のモチベーションを高めました。


2016 大雪会議

2月13日、旭川の地(トーヨーホテル)にて「大雪会議」が行われました。道北エリアの最初の事業である大事なエリア会議。ここで行われるのが道北エリア会議はもちろんのこと、道北アカデミーの開校式及び第一回研修塾。各地LOMの新入会員の研修の場としてこの会議を皮切りに、アカデミー塾生で構築する事業を進めていく。その後、会員研修セミナーとして日本JCシニアクラブ拡大支援委員会の先輩の皆様にご協力いただき「未来を輝かすリーダーへ!拡大なくして成長なし」、パネルディスカッション、ワークショップ座談会を行い会員拡大の重要性、具体的な手法について学び理解を深めました。

会員研修終了後、恒例の大魂心会が行われ、道北9LOMの個性溢れるPRを通じて『道北の心はひとつ!』を再確認できた素晴らしい大魂心会でした。  後ほど写真をアップします。


2015年度活動報告


一般社団法人 富良野青年会議所 おかげさま委員会    12月第2例会 おかげさま例会             《十勝バスの再生から学ぶ~チームを動かすリーダー力》

 2015年12月7日(月)富良野商工会議所において、富良野青年会議所おかげさま委員会所管の研修会「チームを動かすリーダー力」を開催いたしました。


 例会の講師は、全国的に著名な十勝バス株式会社 代表取締役社長で帯広青年会議所の先輩でもある野村文吾先輩

 つぶれかけていた会社を立て直してきた中で得た「気づき」や「学び」、またそれをどう実践していったかをお話していただきました。


 「自分を0にして、相手を100にする」

社員に自分の考えを押し付けるのではなく、社員を「愛し」社員の立場に立って一緒に考えることで、社員のモチベーションを上げ、業績アップにつながったこと。


 「自分の本気を見せなければ変わらない」

相手に思いを伝え、共感を得るには、自分の本気度次第。伝わらないのは本気度足りない。


 「視座を高くし、志を持つ」

自ら率先して上に立つ(役職を受ける)ことで、視野が広がり、色々なことが見えてきたこと。


 実体験にもとづいたお話は、説得力があり、とても胸が熱くなりました。あっという間に2時間が過ぎ、気づけば会場は野村先輩の熱と愛で包みこまれていました。


 最後に野村先輩は、

「全ては実践できるかどうか。ぜひ明日から実践してください」


 この例会で富良野青年会議所はどう変わったか。今後の富良野青年会議所の活動、またメンバーそれぞれの会社での活動、さらに富良野のまちづくり活動にご注目ください!


一般社団法人 富良野青年会議所 心身強化委員会     12月第1例会 「心身強化塾」~ヤレでやるより、ヤルでやる!

 2015年12月3日(木)ホテルナトュールヴァルト富良野において、心身強化委員会担当の最終例会「心身強化塾」~ヤレでやるより、ヤルでやる!を開催いたしました。

 

 目的は、JC運動・活動を個々が社会生活に取り入れ、主体性を持ち行動する必要性と、それに伴う心身のコントロールの重要性についての意識醸成でした。

 

 第1部に当委員会によるプレゼンテーションをおこない、これまでの学びを踏まえ、こころとからだの健康維持の必要性と方法の提案をいたしました。

 

 手法の一つに、血管年齢測定器を使用し、メンバーの現在の血管年齢を確認してみました。血管年齢が年齢以上に若い人もおりましたが、成人病予備軍の人も多くおり、危険意識を感じていただいた中で、簡単にでき習慣化につなげられる方法として、本年度取り組んだヨガを再びおこなってみました。

 

 そして、第2部に本年度監事として参加されているOBの菊田和雄先輩と小林英樹先輩による講演を開催し、JC活動を通して得られた人脈、知識や判断力について実体験をもとに明瞭に講話をいただき、会社経営・家庭・JC活動の共立方法を考える契機となり、現役メンバーにとってJCに携わる意義と目標を見出すきっかけとなって、主体的に行動する意識の醸成に繋がりました。

 

 日々目標に向かって邁進していく強いJAYCEEになり信頼される人物になっていけるよう、JCと心身強化に今後も励んでいきます!


一般社団法人 富良野青年会議所 「クリスマス&卒業式」

 2015年12月1日(月)ホテルナトュールヴァルト富良野にて「クリスマス&卒業式」が開催されました。

 

 当日は総勢25名のメンバーとそのご家族が参加して、日頃の感謝とおかげさまの意味を込めて楽しく盛大に行いました。


 私達富良野青年会議所メンバーは、日々の青年会議所活動を邁進する中、家族や大切な方々の支えがなければ活動することができません。


 家族や大切な方々に、日頃の感謝とおかげさまの気持ちでおもてなすことを目的として、毎年クリスマス会を開催しております。


 卒業式では卒業生のお祝いと一年間の活動報告をさせて頂きました。


 今年の卒業生は上杉君、荏原君、阿部君、佐々木君の4名。


 次年度理事長である藤原君が、卒業生全員に富良野青年会議所卒業式の伝統である送辞を贈りました。

 

 答辞は、第58代理事長を務めました上杉君。青年会議所活動を一所懸命活動されてきた上杉君の答辞はメンバー皆を大変感動させるものでした。


 直前理事長の浅田君の挨拶にて「クリスマス&卒業式」が無事に閉会いたしました。


上杉君、荏原君、阿部君、佐々木君、卒業おめでとうございます。


一般社団法人  富良野青年会議所 ふらの大好き委員会  11月例会 「笑顔充満! full of smile」

 2015年11月20日(金)富良野商工会議所・3階 大会議室にて講師例会を行いました。

 秋田県から、日本笑い学会秋田県人会 会長 人星亭 喜楽駄郎さんにお越しいただきました。
今回の講演テーマは「笑顔の大切さとその効力、笑顔に変換出来るテクニック」として私たち向けに講演していただきました。


 笑顔がいかに大切か。当たり前だけど、いざ深く考えると底が見えない。

日頃から当たり前に目にしているこの笑顔が、街のために活動している人にとっていかに重要か、考えさせられ、共感を得ました。


 実際に私達がみんなの笑顔を大切に活動してきて強く思ったし、これからも大切にし、一人でも多くの人を笑顔にし、街をどんどん盛り上げていきたい。

そのために、まずは私達が意識を高く持ち活動していく必要があります。


 一番大切なのは、自らが楽しむこと。

本気で楽しいと、その楽しいは自然と周りにも広がります。


 内容を通して、講師が一番に楽しんでいる姿を見て強く感じました。

今後の私達がどんな活動をしていくにも、常に意識を高く、まずは自分が楽しむことを大切に活動していくという事を学べた講演となりました。


街を盛り上げるにはまずは人から。

人を盛り上げるにはまずは自分から。

全てはみんなの笑顔のために!


一般社団法人 富良野青年会議所 60周年記念事業フォーラム

 2015年10月21日(金) フラノマルシェ2 アトリウム(タマリーバ)にて一般社団法人富良野青年会議所の60周年記念事業として、「女性が活躍できる、これからのふらの」と題し、女性の社会参画推進に関するフォーラムを開催しました。


 第一部では、基調講演として、女優でメディアパーソナリティーの芳村真理さんに「富良野×女性」の可能性を語っていただきました。 「富良野地域のイメージの良さは日本屈指。今回のお話をいただいた時もとても楽しみだった。女性のあこがれの地であり、やれることはたくさんある」と力強いお言葉をいただきました。

 

 第二部では、フリートークセッションとして、ソーシャルマーケティングプロデューサーの澤登信子さんをコーディネーターに、我らの理事長と芳村さんに加え、上富良野町の女性農業後継者であり、「北海道農業女子ネットワークはらぺ娘」代表の安丸千加さん、富良野圏域でファミリーサポートセンター事業を行う「NPO法人こどもサポートふらの」代表の寺岡裕子さんの地元で活躍する女性二方を招き、「女性の活躍するまちづくり」についてご提言いただきました。

 

 安丸さんには「女性農業後継者の地位向上」、寺岡さんには「育児サポート」、それぞれの活動のキッカケや課題、今後の展望などを聞かせて頂きました。

お二人ともエネルギッシュ!かつ冷静!一気にお二人の魅力に惹きこまれました。

 

 女性は、共感できる部分が多かったのではないでしょうか。男性は、理解を深めていかなければいけませんね。

お二人に共通していたのは、社会の理解が重要であること。

 

 また、トークセッションのまとめで澤登さんからご提言のあったのは、「女性の社会進出を支援するプラットフォーム(場所)づくり」。今回、商工関係者や観光事業者、市職員など、120名を超える多くの方々にお集まりいただきました。


我々富良野青年会議所は、このご提言をもとに関係機関と連携し、本年含め3年のスパンで「女性の活躍できるまちづくり」に取組み、その先にある「暮らしやすいまち~成熟したまち」を目指していきます。


一般社団法人 富良野青年会議所 心身強化委員会     8月第1例会「ハイブリッド式心身強化セミナー」

 2015年8月5日(水) フラノマルシェ2 アトリウム(タマリーバ)にて心身強化委員会8月第1例会「ハイブリッド式心身強化セミナー」を開催しました。

 

 札幌と東京で活動されている心理カウンセラーの神田裕子様に講師としてお越しいただきました。メンタルヘルスケアの知識から、企業を健康経営していくためのノウハウをワークショップを交え教えていただきました。

 

 自己分析から自信がどのような人物か把握し、弱点が多かったり障害を持っているのでは?という不安をもってしまうような部分でも、改善方法をアドバイスしていただき、神田様のパワフルなご指導でこれからの活力になりました。

 

 また、一般的参加者・芦別JC・美唄JCのメンバーの皆様にもご参加いただき、良い交流の場となりました。


ふらの大好き委員会 6月例会

 2015年6月14日(日) 一般社団法人富良野青年会議所 ふらの大好き委員会・6月例会「感じとれ!笑顔と絆~想いは同じ~」がYOSAKOIソーラン祭り(札幌大通会場)にて行いました。

 

 北海道で大きなお祭り「YOSAKOIソーラン祭り」の情熱やお祭り運営に関わる多彩な手法を学び、北海へそ祭りへ取り入れ、更なる飛躍的進化を遂げるための学びの場とする事を目的とするこの事業。

 

 会場のお客様の楽しそうな笑顔や美味しい料理、その場の雰囲気が留まりを覚えさせてくれるような雰囲気、踊り手の熱気溢れる演舞など、全てが見る者を圧倒し魅了するようなお祭りでした。


 このお祭りから沢山の課題、会場作りや踊り手増加のための手法、お祭り自体に参加する意欲など、様々なことを勉強し、今後私達が地元のお祭りを更に活性させていく一役を担うための良き例会になりました。


 これから来たるへそ祭りへ向け、また更に一歩前進していきます!


一般社団法人富良野青年会議所 60周年記念式典・祝賀会

 2015年5月16日(土) 富良野演劇工場・新富良野プリンスホテル にて一般社団法人富良野青年会議所の創立60周年記念式典と祝賀会を行いました。

 

 テーマは「世界に誇れる”ふらの”の創造」。

 式典ではNPO法人ふらの演劇工房様にご協力頂き、富良野演劇工場の舞台で60年のあゆみを振り返ると共に、まちづくりの担い手である我々の決意を表現しました。


 祝賀会は、新富良野プリンスホテル様(ゴンドラ乗り場前)に会場を移し、さわやかな晴天の下、グリーンアスパラ等春薫る富良野食材で皆様をおもてなしいたしました。