OMOIYARI委員会 基本方針

 

委員長  高田 栄一

【委員会メンバー】

  尾関 文浩(副委員長)、森井 一輝、沼田 訓明、安藤 豪敏

【基本方針】

思いやりとは相手があってはじめて成立する概念であり、持ちたいと思って持てるものでもなければ、学んで得るものでもないと考えます。相手の立場や気持ちを理解し、見返りを求めない精神で行動していくことから生まれるのではないでしょうか。

そこで、当委員会ではメンバーと家族同士の交流会を通じ、相手の立場になって物事を考える機会を設けます。また、総務を担当する委員会として確固たる組織づくりのため縁の下の力持ちとなり、事務的な運営や管理の効率化と既存設備のバージョンアップを図ります。各種資料のデジタルアーカイブやスケジュールの一元管理、ホームページの更新頻度UPとSNSのモバイル環境での更新を促進しスピード感溢れる情報発信を行います。

 本年の活動を通じ、相手の立場や気持ちを理解していくことで、メンバー同士の相互理解を深めることに繋がります。また、人生の中で一番多くの時間を共に過ごす家族との絆や、大切さを実感することでJC運動を展開する基盤となり、富良野JCメンバーが今まで以上に活発に活動していくと確信いたします。

 

【事業計画】

1.要覧・対外紙製作

2.新年会・歓送迎会の設営、運営

3.総会の設営、例会の設営・運営

4.家族交流会の実施

5.内部への情報発信

6.外部への情報発信