運営管理局 活動指針

 

局長  水間 一


【局メンバー】

 

  松井 皓市(副局長)、久野 正紘、山内 裕樹

 

【活動指針】

青年会議所には地域を代表する団体として、また64年という長い歴史のなかで生まれた多くの規則や伝統があります。これらは組織として活動していくうえで基本かつ重要なものであり、会員の確実な理解が必要です。

当局では年間通して基本となる各総務業務を中心とし、各種事業やその基盤となる活動を地域に向けて情報発信していきます。また、情報交換や意思疎通の強化として会員相互の率先した交流を推進していきます。これらを通して全体がJAYCEE意識を持ち有意義な活動が出来るよう規則・伝統の浸透を図ります。

単年度制としている青年会議所だからこそ、組織としてこれからも有効的に活動していく為に今後何が必要か。常に改革を検討して行くことで時代の変化に合わせた組織へと進化することが可能となります。

 

 

【活動計画】

 1.要覧、対外紙の作成

2.登記申請

3.新年会の企画運営

4.歓送迎会の企画運営

5.設立記念の夕べの企画運営

6.セレモニーの実施

7.HPFacebookの管理・情報発信

8.過去写真のデータ化・集約・管理

9.会員交流会の実施