メディアアップデート委員会

委員長:渡辺勝太君

 

 日本JCでは「日本の青年会議所は 希望をもたらす変革の起点として 輝く個性が調和する未来を描き 社会の課題を解決することで 持続可能な地域を創ることを誓う」と宣言しており、持続可能な地域を創るためには、JC運動の魅力を伝え組織を繋いでいくことが必要であると考えます。

 富良野JCでは、これまでの長い歴史の中で、修練・奉仕・友情という三つの信条のもと「ひとづくり」や「まちづくり」といった運動を作り上げてきました。その過程においては、試行錯誤を繰り返し、時には熱い想いがぶつかり合うこともありますが、個人の成長に繋がる実践トレーニングを経験することや、ふらの圏域へ貢献できる活動を行うことがJCの魅力であり、今日まで組織が持続してきたのは、諸先輩の皆様が伝統を継承しながらも、その都度アップデートされていく組織に魅了され、その同志を絶やさず繋いだ結果であると言えます。

 そのため当委員会ではJC運動の魅力の発信をテーマに広報活動を行ってまいります。

 メンバーが例会・事業を作り上げていく過程にある魅力をふらの圏域の皆様にご認識いただくことで、メンバーにとっての誇り・やりがいに繋がり、より良い運動を起こす。このような好循環を生み出すトリガーとして、組織の持続を見据えた組織運営を行ってまいります。

(職務分掌)

・登記業務の実施

・要覧、対外紙の作成、発行

・諸会議(例会、総会)の設営、例会セレモニーの実施

・新年会、設立記念の夕べの設営、運営

・魅力あるJC運動のアップデートした広報

 


COアップデート委員会

委員長:福永将平君

 

 近年、生活様式の変化によって交流や対話に制限が掛かり、人と人の繋がりが希薄になっています。更に、先を見通せない情勢による不安と対面し辛い環境の中で、聞き手と話し手の感じ方の違いにより憶測を正しい情報として捉える等、正確な情報伝達の難しさを私達は実感しました。昨今の経験を糧にし私達は、人間関係の構築・人との繋がりの大切さを伝え、人々が手を取り合い、協力し合える社会の実現に向けて多角的な視点と広い視野を持つことが必要です。

 今年度の委員会テーマを『ヒトがマチを為す』に設定し活動していきます。具体的には「見る・聞く・喋る」を学び、他者と意見を交わす体験から、多角的視点と広い視野を兼ね備えた「多面的思考」を得ます。このことは、相手の立場を理解し認め合う思いやりの心を育む事であり、また情報が溢れる昨今、真偽の不確かな情報に一喜一憂しない力を養う事です。

 思いやりの心を持った私達は、人は個々で異なるという違いを受け入れ、他者を尊重する人材へと成長し、ヒトの為・マチの為に行動します。当委員会では、一年間の活動を通して思いやりの気持ちを育み、人との繋がりを深めながら、業種や立場を超えた「共創」の礎を築いていきます。

 

(職務分掌)

・「見る・聞く・喋る」力のアップデート

・未来を背負って立つ人材育成

・未来を見据えた人間関係の構築方法の調査・研究

 


リージョンアップデート委員会

委員長:井上智貴君

 

 我々の住むふらのには、豊かな自然に育まれた農産物、田園景観、自然を活用した観光コンテンツなど沢山の魅力があります。これらの魅力を先人達は磨き上げることでふらのの知名度やブランド力を高めてきました。我々青年世代はその想いを絶やすことなく守り、発展させていく必要があります。

 当委員会は様々な地域の魅力の中でも「食」にフォーカスをし、地域共創を念頭に“参加したくなるまちづくり”を推進します。はじめに、地域の食について調査・研究をし、認識の共有を図り、新たな食に関する展望を示します。次に、地域で生産された食材の付加価値創出について探求する機会を設けます。最後に導き出された新たな視点を取り入れた「オールふらのグルメ」の提案を行い食文化をさらに発展させることで、地域の活性化を目指します。

 このような活動を通じて、地域とのつながりを深め合い、大きなまちづくりの輪を創り上げることで発展し続けるまちふらのを実現します。

(職務分掌)

 ・伝統を脈々と繋ぎ、拡大できる輪の創造

・「地域が参加したくなるまちづくり」を目指した事業構築

・JC運動の理解を得るための調査・研究

・地域の輪のアップデート

 


拡大情報調査室

室長:鈴木紹史君

 

(職務分掌)

 ・歓送迎会の設営、運営

・会員拡大運動に向けた調査

・新入会員例会の指導・運営

・新入会員セミナーの設営・運営